加工 金属 

  

環境の整える

レーザーカッター

タッチモニターとは、モニターをなぞったりタッチすることで何らかの操作を入力することができるモニターのことです。従来のモニターを利用した端末では、入力にはキーボードやマウスといった入力デバイスを使用する必要がありましたが、タッチモニターを使うことで、モニターの画面を触るだけで操作することが可能になります。タッチモニターの価格としては、21型で3万円前後で販売されています。通常のモニターに比べると割高な傾向にありますが、操作性の向上や直接、触れて入力できることからペンタブレットの代わりとしても人気があります。ただし、タッチモニターを利用するさいには、その入力に対応したOSをインストールする必要があるので注意が必要です。

タッチモニターを利用するメリットは、入力に掛かる手の負担を下げるというメリットがあります。通常、キーボードやマウスの場合には、手首や指を動かすことが多いため、負担が掛かる傾向にありますが、タッチモニターの場合には、それらの負担を最小限に抑えることができます。また直感的な入力が可能なのもキーボードやマウスといった入力デバイスを使う点で大きく異なります。一方で大型のタッチモニターを利用するさいの注意点としては、画面と顔の距離が近くなってしまうため、目や腕が疲れやすいという点が言えます。また垂直にモニターを立てている場合にはその傾向が強く、モニターを水平または角度を付けて設置するといった工夫が必要になります。