加工 金属 

  

顕微鏡の選び方

南京錠と鍵

顕微鏡の選び方は人それぞれでしょう。しかしながら目的に合った顕微鏡を選ぶことが非常に重要で、選び方次第では目的を遂行できない場合もあります。様々な顕微鏡とを比較することが大切といえます。

詳細を確認する

オイルミストを防ぐ

作業中の様子

オイルスキマーは通常では回収困難な油を回収するために用いられるもので、近年では空気中に油が飛び散るオイルミストを抑えるためにも用いられています。抑えることで空気の汚染を防ぐことが可能です。

詳細を確認する

環境の整える

作業中の男性

タッチモニターの値段は思っている以上に低価格の場合が多いです。そのため導入に関しても多額の料金がかかることはあまりないと言えます。しかしタッチモニターを使用するためには環境を整える必要があります。

詳細を確認する

電気特性を解析

作業中の男性

オシロスコープを聞いたことがある方もいるように、同様な機器にスペクトラムアナライザがあります。周波数軸で電気的特性を解析することが出来るため、様々な分野でこのスペクトラムアナライザが活用されています。

詳細を確認する

耐久性維持の試験

レーザーカッター

研究開発の質を上げるためには機材も大切です。多くの顕微鏡を販売しているサイトはコチラ。機材アクセサリーも多く取り揃えています。

他にないシステムが搭載されているレーザーバリアならこちらからレンタルできますよ。一度お問い合わせしてみてくださいね。


世の中に存在する作業を効率化するために、機械や仕組みを導入する動きは加速しています。特に人気を持つのが製品の開発分野です。仕組みを部品化する事よりも、規格化された製品を作った方が簡単と言えます。簡単な仕事の方が利益を出しやすいため、楽な方に注力する事は当然の戦略です。 新製品の開発の際に用いられる部品は、場合によっては新開発される場合があります。役に立つ部品の開発に成功すれば、別の製品にも転用できるからです。それがコストの改善に多大な貢献を果たす事は間違いありません。しかし転用できる部品の開発は、特定の部材よりも開発が大変だと言われています。思案する時間がどうしても長くなるため、コスト上昇を避ける事はできないからです。

新製品の開発が進む事によって、実はリスクが生じています。それは新製品がトラブルを誘発する恐れです。メーカーにとって評判は大事であり、特に安全面は厳しい目で見られます。素材の耐久性が原因で製品が欠陥品だと判断される事はよくあります。 そうなった時に被る損失が非常に大きいため、試験片による強度テストが重要なのです。試験片とはテストを行うために削り出される物体です。試験片に機械で荷重を加える事によって状態が変化します。その状態変化のタイミングを明らかにする事で、素材強度を数値化できるのです。 試験片の開発はメーカーが行うとは限りません。専門の設備やスタッフが試験片の生成に不可欠であるため、他社に委託する事は珍しくないのです。